採用情報Recruit

社員インタビュー

大きな会社で埋もれたくない!
二引ならアイデア次第で
新しいビジネスに挑戦できます。

太田オフィス(2012年入社)田邊 直也

入社の経緯

エネルギー業界でスケールの大きな仕事をしたいと思っていたので、就職活動では関連する企業の営業職を探していました。特に石油は商品が多岐に渡っていますし、色々な商品を扱える点が魅力でしたね。二引のことは詳しく知らなかったのですが、会社説明会で「20代の営業がいない(当時)」という話を聞いて興味を持ったんです。大きな会社に入って埋もれてしまうよりも、二引くらいの規模の会社の方が活躍できるかもしれないと考え、入社を決めました。

仕事の内容・やりがい

今は群馬県の太田オフィスに常駐して、主に(株)SUBARUを担当しています。自動車の製造に必要な油の供給から、タンクローリーの運行管理、摩擦熱による機械の温度上昇や不純物の混入といった工場設備のトラブルを未然に防ぐための油の提案まで幅広く行なっています。工場には毎日行っているので、最近では現場の方はもちろん、管理職の方にも名前を覚えてもらい、気軽に電話をいただけるようになりました。おすすめした商品で問題を解決できた時や、お客様に「提案してくれて助かったよ」と言ってもらえた時は、やっぱり嬉しいですね。
二引の中でも取引額の大きなお客様を任されているので、常に緊張感を持って仕事をしています。もしも、お客様に誤った商品をおすすめして、それが原因で工場の機械を止めてしまうようなことがあったら、何千万、何億という損害が出てしまいますから、そんなことにならないよう日々の勉強は欠かしません。JXTGエネルギー(株)が主催する研修会に参加して、定期的に勉強会を行なっています。また、そこでご一緒する他の特約店の方と販売事例や実績などの情報を共有し、新規商品を提案する際の説得材料として役立てています。
今、目指しているのは「ENEOSルブマイスター」の試験に合格すること。潤滑油のプロフェッショナルとして認められるだけあって、本当に難しい試験なのですが、お客様からのどんな質問にもすぐ答えられる「信頼される営業マン」になるためにも、必ず合格したいと思っています。

二引の良いところ

二引は石油製品以外の商材も自由に取り扱えるので、自主的に考えて新しい提案ができる積極的な人には向いていると思います。私も常にアンテナを張って、展示会などにも積極的に行くようにしています。いいアイデアであれば、すぐに挑戦させてくれますし、アイデアを出した人がキーマンとなって率先して動くこともできます。やりがいを持って働ける会社だと思うので、たくさんの方に応募してほしいですね。

「社員インタビュー」トップに戻る