採用情報Recruit

社員インタビュー

「お客様第一」の姿勢が評価され、27歳でマネージャーに昇格!

SSグループ(2008年入社)宮田 慎一

入社の経緯

小さい頃から乗り物が好きで、車に関係する仕事に就きたいと思い、二引に入社しました。学生時代に接客業のアルバイトをしていたので、その経験も活かせると思いましたし、将来、車を持った時に自分で整備できたら格好いいなという思いもありました(笑)。自動車整備士の国家資格など、スキルを身につけられることも決め手になりましたね。

仕事の内容・やりがい

お客様に「洗車したいんだけど、宮田さん今度いついるの?」と言われた時は嬉しかったです。信用されているということですから。「今日は洗車どうしますか?」と聞いたら「任せます」と言われたこともあります。でも、そこで売上を上げようとして不要なサービスまでやってしまうと、お客様の信用を失ってしまいますから「自分がしてもらったら嬉しいこと」を基準に、本当に必要なサービスだけを提供するようにしています。自分の車を施工した時に「これはいらないなぁ」と思ったものは、お客様にもお勧めしません。
「そろそろ交換しないと壊れちゃいますよ」なんて不安を煽って、エンジンオイルやバッテリーを売りつけるスタンドもありますが、それじゃお客様は二度と来ないですよね。私自身、ただお金をいただくだけではなく、お客様に感謝されるような仕事がしたいと思っていますので、そんなやり方はできません。
「お客様が必要としている情報やサービスを、必要な時に提供する」ということを実直に続けながら、これからもお客様との信頼関係を大切にしていきたいと思います。

二引の良いところ

私が就職の際に重視したのは、「マネージャー等の役職を目指せるのか」ということだったのですが、その点、二引は結果を出せばきちんと評価してもらえます。実際、私は27歳でマネージャーに昇格できましたし。また将来のことを踏まえて、やりがいと安定のバランスを考えることも大切と考えていたので、給与面も含めた労働環境の良さも魅力でしたね。
入社したばかりの頃は、手洗い洗車などがうまくできなくて苦労しましたが、先輩方がマニュアルに載っていないようなコツをアドバイスしてくれたりして、丁寧に教えてくれました。行き詰まっている時に「こういう考え方をすると気が楽になるよ」と声をかけてくれたり…。何百店舗もスタンドを持っているようなところでは、なかなかこんな風にスタッフ一人ひとりにまで目が行き届かないですよね。サポート体制がしっかりしている点も二引の良いところだと思います。

「社員インタビュー」トップに戻る